4.16.2015

【インタビュー】The Saturday Tea(ザ・サタデー・ティー)


Witam!

 Paulaです!
今日は先月のSXSWでインタビューしてきたポーランドのガレージロック・バンド、The Saturday Tea(ザ・サタデー・ティー)のインタビューをお届けします☆
SXSWでもことや、2014年にリリースしたデビュー作『Shindig』のことなど、いろいろ話してくれました。

ポーランド語版のインタビューはこちら

*********************************
(c) Grzegorz Broniatowski

SXSWは楽しんでる?

ヤネク:最高だね。僕たちはここに初めて来たんだけど、ここではたくさんの出来事が起こってる。すごく気に入ってるよ。特に一つのことに集中するのが難しいくらい。すべてを吸収してるよ。

アレクサンデル:アメリカは、いたるところで印象的だね。ここでは何もかもが違ってる。

ヤネク: 「グランド・セフト・オート」の中にいるみたいな気分だよ。

アレクサンデル:1週間もいると感動に慣れてくるけど、まだまだ非現実的だね。


もう何かバンドを見たの?

アレクサンデル:まだすべてのライブに入れてくれないから、そんなに見ていないんだ。

ヤネク:昨日はツイン・ピークスってバンドを見たかったんだけど、VIPパスが必要で見れなかったんだ。でもスプリング・キングスのライブを見たよ。


SXSWでは他に何が見たい?

ヤネク:ミニ・マンション、ジー・オー・シーズ、キング・タフ、ハインズが見たいね。

アレクサンデル:フューチャー・アイランドとレオン・ブリッジスも。それに何より新しい発見もしたい。


SXSW以外ではアメリカでライブをするの?

ヤネク:今回は初の海外遠征だから、どんな可能性があるか、興味を持ってもらえるか、これからやってみるところだよ。ほとんどそれ次第だな。将来はここでもっとライブができるように、うまく進んできてると思うよ。

(c) Grzegorz Broniatowski

どうやってSXSWに来たの?

アレクサンデル:去年の10月にポーランド・クローズアップというプロジェクトへの招待があったんだ。ポーランド・クローズアップは、アメリカとポーランドのシーンを近づける目的をもったプロジェクト。そこで、SXSWへ行ったらどうか、という提案があった。応募して、選ばれて、ここにいるってわけさ。


ポーランドでは夏に何かフェスに出るの?

アレクサンデル:春にスプリング・ブレイク・フェスティバルに出るよ。それから5月には、キエフ、ワルシャワ、ベルリンでのライブを予定している。

ヤネク:そうそう、ポーランド・オン・ツアーに参加するんだ。今回が第1回目のフェスで、東から西へ全ヨーロッパへ到達する予定なんだよ。



2014年にデビューアルバム『Shindig』をリリースしたけど、反応はどうだった?

アンテク:びっくりするくらい、とてもよかったよ。

ヤネク:CDは完売したよ。

アレクサンデル:このアルバムがなかったら、ここには来られなかった。あれをレコーディングしたことで、一つの時代が終わって、次の時代が始まったという感じだよ。今日までアルバムをプロモーションしているよ、


ガレージロックをやっているけど、少しビートルズとかオールディーズの影響も聞こえるよね。自分たちではどう捉えてる?

アンテク:ガレージ・ビートルズかな。(笑)

ヤネク:そうだね。僕は、キャッチーで特徴的な60年代ポップスのクラシックなメロディーがとても好きだった。それに加えて、それをろ過して、ディストーションをかけたギターやリヴァーブで、もっと現代的なサウンドも取り込もうとしているよ。ビートルズは好きだし、それはいい連想だと思う。


音楽へのインスピレーションはどこから受けたの?

アレクサンデル:僕の場合は、ビートルズとニルバーナから始まった。今はジャンルを問わず何でも聴いている。いいものはいいってこと。

ヤネク:いろいろ聴いて、探して、インスピレーションを受けて、それを自分たちの機材や可能性で試してみる。そうやって遊んでるよ。




『4am』って曲がすごく気に入ったよ。あの曲が誕生した背景は?

ヤネク:CD制作のときはたくさんの時間をデモ作りに費やしたんだけど、デモを作っていたある時、今とは全く違うこの曲のイメージがあったんだ。そこでアレクサンデルが、ヒップホップっぽいビートを加えてみようって提案してきたんだよ。ちょっと横ゆれっぽい、swagって感じの。(笑)

アレクサンデル:この曲はパーティーや遊びのことを歌ってるんだ。作っている過程では「酔っ払い」って仮タイトルだったよ。(笑)


アルバムの中から自分にとって特別な曲を教えて。

アレクサンデル:僕にとっては「Walking Dead」。CD制作をしていてこれからレコーディングする曲のことを考えていたとき、リハに言って「ヒット曲作らなきゃ」って言ったことを覚えてるよ。その時ヤネクが「 OK、これはどう?」って言って、この曲を弾いたんだ。本当にいい感じだったよ。あの曲は確か一番最初にレコーディングした曲で、僕にとっては特別だな。

ヤネク:僕は「Holes In Black Road」。この曲は僕が16歳のときに初めて自分で作った曲だからね。アンテク、お前のは?

アンテク:ヤネクのとアレクサンデルの両方。「Walking Dead」のテーマについて話してたんだ。一度も見ていないあのドラマがどんな内容なんだろうってね。(笑)


海外での活動は考えてる?

全員: もちろん!

アレクサンデル:もっと外国でライブしたいけど、問題は外国でも必要とされるかってことだよね。日本からの招待も待ってるよ。ヨーロッパでもポーランド国外でもっとライブをする予定。間違いなくどんな提案にもオープンでいたいね。

ヤネク:だからこそ何としてでもここ(SXSW)に来ようって決めていたんだ。なぜなら、ここはいいスタート地点になるから。

(c) Grzegorz Broniatowski

日本に行ったことはある?

全員:まだないよ。


日本に来たら見たいものはある?

アレクサンデル:僕は寿司屋の次郎に行ってみたい。最近、映画を見て、とても気に入ったんだ。日本には行ってみたいよ、日本や日本文化に少し興味があるんだ。

アンテク:僕はあの真っ白なお城をぜひ見てみたい。姫路城っていうのかな。


無人島に3枚CDを持っていくとしたら?

アレクサンデル:その状況だったら僕は1枚も持っていかないな。

ヤネク:僕はニルバーナの『In Utero』、ビートルズの『A Hard Day's Night』とタイ・シーガルの『Manipulator』を持っていくかな。

アンテク:タイ・シーガルの『Manipulator』とビートルズのアルバムどれか。あとマイケル・ジャクソンのCDどれか。



ありがとうございました!
(c) Grzegorz Broniatowski


*********************************


CDここで買えます!





****
Facebookページやってます☆
ブログではなかなか書けないような新譜リリースや、PVの紹介、リアルタイムな音楽情報をできるだけ配信しているので、Facebookやってる方は是非、いいね!してくださいね♪
よろしくお願いします!
フォローはこちらから♪

最後まで読んでくださってありがとうございます♪
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ ポーランド情報へ
にほんブログ村