1.03.2015

2014年ポーランド音楽シーンを振り返りました☆その2


Halo!

Paulaです☆

昨日に続いて、2014年のポーランド音楽シーンを振り返りたいと思います。

その1はこちら・・・注目のアルバム&エレクトロポップ編

その3はこちら・・・ヒップホップ&男性SSW編

メインストリームでヒットを飛ばしたのは?

ここでいうメインストリームではポップス、ロック系です。その1で紹介したArtur Rojek(アルトゥル・ロイェク)Mela Koteluk(メラ・コテルク)なんかもここに入るのですが、その2の方ではそれ以外をPICK UP!


ヒップホップをルーツにオルタナティブミュージックを生み出すFisz Emade(フィシュ・エマデ)Waglewski(ヴァグレフスキ)兄弟が11月にリリースした新作『Mamut(マンモス)』が各紙で絶賛の嵐!The Dumplings(ザ・ダンプリングス)Justyna(ユスティナ)をゲストに迎えたこちらのシングルが大ヒットしました。

Pył  by Fisz Emade Tworzywo feat. Justyna Święs


現在「The Voice Of Poland」でジャッジを務めるディーヴァ、Justyna Steczkowska(ユスティナ・ステチコフスカ)も新作『Anima(アニマ)』をリリース。壮大なスケールのプロモシングル「Terra(地球)」は個人的に大好きな曲でした。

Terra  by Justyna Steczkowska


YouTubeに上がったパフォーマンス動画がネットで大人気となり、そのヒットのおかげでアルバム『Córka(娘)』まで制作したKarolina Czarnecka(カロリナ・チャルネツカ)も2014年の顔でしょう。

Hera Koka Hasz LSD    by Karolina Czarnecka


全裸PV「Thank You So Much」で注目を集めたシンガー、Margaret(マルガレット)の新曲「Wasted」もヒットしてましたね。

Wasted   by Margaret


人気ミスクチャーバンド、Enej(エネイ)をフューチャリングしたDonatan&Cleo(ドナタン&クレオ)のこちらの曲も大ヒット!ユーモアをもって聴いてほしいパーティーソングです。デュオのアルバム『Hiper/Chimera』も大ヒットでした。

Brać by Donatan Cleo feat. Enej


2014年新作をリリースした若手シンガー、Ewelina Lisowska(エヴェリナ・リソフスカ)もその歌唱力で存在をアピール。

We Mgle  by Ewelina Lisowska


「X-FACTOR POLAND」で準優勝したGrzegorz Hyży(グジェゴシュ・ヒジ)もヒットを飛ばしていました。爽やか王道POPは不動の人気ですね。

Na Chwile  by Grzegorz Hyży


まだまだ2014年らしいヒット曲あるけど、それはまたいつか別の機会に・・・☆


ロック勢もアツかった!



ポーランドを代表するデスメタルバンド、Behemoth(ベヒーモス※ポーランドではベヘモスと言います)がリリースしたアルバム『The Satanist』が各方面で絶賛されております。近年ボーカルがセレブと交流を持ったりしていることについて、ファンがあれこれ非難していたようですが、きっと今頃その口をつぐんでアルバム聴いてることでしょう。笑

Ora Pro Nobis Lucifer by BEHEMOTH 


デスメタル界ではこちらのバンド、Decapitated(ディキャピテイテッド)の6枚目となる新作『Blue Mantra』も国内外で高く評価されていました!

Blue Mantra   by Decapitated



10月に新作を発表したロックバンド、Muchy(ムヒ)。本作も高い評価を得ていたので、PICK UP!

Taka Jaka Dziś  by Muchy



「X-FACTOR POLAND」で優勝し、2013年に秀逸なR&Bアルバムをリリースして、2014年のフレデリック賞では主要4部門すべてを受賞した時代の寵児Dawid Podsiadło(ダヴィド・ポドゥシャドゥウォ)が元々やっていたバンド、Curly Heads(カーリー・ヘッズ)がアルバムデビューした2014年。ソロでの優しい歌声だけでなく、ロックなシャウトを聴かせるDawid(ダヴィド)の新たな一面に大注目が集まりました。アルバム『Ruby Dress Skinny Dog』は各紙年間ベストの上位に入っています。

Reconcile  by Curly Heads



Fisz Emade(フィシュ・エマデ)の父、Wojciech Waglewski(ヴォイチェフ・ヴァグレフスキ)が率いるバンド、Voo Voo(ヴー・ヴー)の新アルバム『Dobry Wieczór(こんばんは)』も良盤として評価されていました。恐るべし音楽一家・・・。

Po godzinach  by Voo Voo



毎年プロモーションとして興奮するようなコラボ曲を届けてくれるフェスMęskie Granie(メンスキェ・グラニェ)。2014年はボーカルにMonika Brodka(モニカ・ブロトゥカ)Dawid Podsiadło(ダヴィド・ポドゥシャドゥウォ)、キーボードにSmolik(スモリク)、ドラムにEmade(エマデ)、ベースにOlaf Deriglasoff(オラフ・デリグラソフ)、ギターにMichał Sobolewski(ミハウ・ソボレフスキ)という、クラクラするほど豪華なメンツを迎えてスペシャルバンドを結成!しびれるようなかっこいいロックソングが仕上がりましたね♪

Elektryczny by Męskie Granie Orkiestra



その3に続きます。
































****
このブログのFacebookページやってます☆
ブログではなかなか書けないような新譜リリースや、PVの紹介、リアルタイムな音楽情報をできるだけ配信しているので、Facebookやってる方は是非、いいね!してくださいね♪
よろしくお願いします!
フォローはこちらから♪

最後まで読んでくださってありがとうございます♪
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ